下北沢 顔鍼(はり) 美容鍼(針) 美容マッサージ ビブレス治療院

小児鍼(子供はり)コース

小児鍼は身体にはりを刺さない、痛くない、やさしい治療法です。

小児鍼は、江戸時代(約250年前)から続く伝統的な治療法です。

小児鍼は大人の鍼灸のイメージとはまったく異なります。
一般的に鍼治療自体が「身体に痛い鍼を刺す」イメージですが、
ビブレスでは小児用の刺さない鍼を使い、お子様のデリケートな
お肌を、やさしいタッチで軽く撫でるように刺激を与えていきます。
(右の治療用具写真・参考)

鍼治療とは、全身に張り巡らされている脈絡の集まる点(経絡・ツボ)を刺激することで、気が溜まっている個所の流れをよくします。皮膚への刺激が脈絡を通じ、内臓へと刺激が伝わることで、様々な症状の改善が可能となるのです。

赤ちゃんや子どもは、もともと陽の気が多く気が上がりやすいため、小児鍼で軽く撫でたり軽く刺激をしながら心身の気を整えます。

子どもは大人に比べて大脳が未発達のため、心身を思い通りにコントロールできません。症状を言葉で伝えることができないため、危険信号として身体に症状が出てしまうのです。

大人の間で問題なっている自律神経失調症は、実は子どものほうがもっと重症なのです。
小児鍼は東洋医学に基づいた方法で、自己治癒力を高めていく療法です。
副作用が無いので安心して治療を重ねられます。
風邪をひきやすい 下痢・便秘をよく起こす、または繰り返す
アトピー性皮膚炎 アトピー性鼻炎
夜泣きがひどい 疳の虫が強い
夜尿症 成長が遅い
喘息 食が細い、食欲がない
落ち着きがない 癇癪を起こす
何となく元気がない 不機嫌な時が多い
熱が出るとひきつける ぐっすり眠らない

生後1ヶ月から小学校6年生ぐらいまでが目安です。
症状によりますが、中学生になっても小児鍼で十分治るお子様もいらっしゃいます。
病気がち、通院がやめられないお子様にぜひおすすめします。

数回でも見違えるほど効果が見られます。

疳の虫なら、2,3日に1回、続けて2週間のご来院が目安です。
アトピー性皮膚炎や喘息など慢性の症状は毎日続けて治療し、症状も落ち着いてきたら月1,2回定期的な治療をお勧めします。

通院の間はなるべくご家庭でスキンタッチをするように心掛けてください。
治療の効果が更に強くあらわれます。

「最近、集中力が欠けて勉強が思うようにはかどらなくなってきた」
「修学旅行があるのに、おねしょ癖が治らない」
「食が細く成長が他の子に比べて著しく遅れている」
など、

実は、小学生のお子様を持つ8割以上のお母様が悩んでいる症状の改善にぜひお勧めします。
また、小児鍼を定期的に通うことで成長の促進や病気の予防になりますし、西洋医学では薬を服用することでしか対応できない症状の改善にも効果がみられます。

まずはご相談ください。

小学生のお子様で1000円(初回は3000円弱)ほどです。

【患 者】 M様 1歳7か月 男児
【主 訴】 夜泣き
食べ物を食べないと寝付かなくなる
【治療期間】 12日間  
【治療と経過】 初回: 小児鍼と用具の説明。手足を軽く小児鍼でさする。
  4日目: 背中と手足を撫でるように、やさしく小児鍼で経絡 (気の流れる道筋)をさするように刺激する。
  8日目: 夜泣きしなくなる。前回同様、背中と手足を小児鍼でやさしく刺激する。
  12日目: 全身の調整とチェック
セミナーに行ってきました(^^♪
ドレッサールーム★
咲きました~!
(ちょっと)大きいツリー☆
内装考え中~
みかんでビタミン補給~★
受付★
ラジオ波~♪
ツリーも出しました~♪
社員研修での一コマ

be-fine 治療院下北沢

分院紹介 治療院下北沢本院 治療院代々木公園分院 鍼灸整骨院下北沢 鍼灸整骨院梅ヶ丘 少人数制学習型保育園ベビーエイト 下北沢ビブレスホワイトニング 分院紹介 befine ブログ 施術風景ムービー 鍼灸適応症 鍼灸適応症